無職以外ならモビットを利用できる可能性は大!

消費者金融は当然のことですが無職は利用することができません。
この無職という言葉の中には多くの場合、本人に収入がない専業主婦も含まれています。
消費者金融が総量規制によって専業主婦は利用できないと言われていますがそんなことはありません。
確かに総量規制は個人の貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1に制限していますが、貸金業法では配偶者貸付として本人に収入がない専業主婦でも配偶者の年収を審査の対象として貸し付けは可能としています。
つまり、貸金業だから専業主婦が借り入れできないのではなく、そこの消費者金融だから専業主婦が利用できないということです。
事実、消費者金融の中にはレディースキャッシングとして専業主婦が借り入れできるところもあります。

モビットでは専業主婦は借り入れができません。
本人に安定した収入があることがモビットでの借り入れ条件となっているためです。
しかし年齢と本人の収入さえクリアできていれば、正社員ではなくても派遣社員でも、パートやアルバイト、個人事業主でもモビットを利用することができます。

収入が高いかどうか、それは審査の可否に影響するものではなく融資限度額に影響するものです。
本人が収入を得て働いているという実績があれば安定した収入とみなされます。
アルバイトやパートなどの時給で働いているときには半年以上、正社員として基本給がある場合には1年以上を安定した勤続年数とみられる傾向にあります。

参考

Post navigation