安全なキャットフードを選ぶために

猫飼いさんにとって、愛猫の毎日のご飯は安全安心なものを選びたいものです。ご飯を手作りすれば無添加で新鮮な肉を食べさせることが出来るでしょうが、猫に必要な栄養素をすべて把握することは難しいでしょう。キャットフードの総合栄養食ならば、猫に必要な栄養素をすべて含んでいるので、あとはたっぷりのお水を飲んでいれば大丈夫です。
ではどんなキャットフードを選べばいいでしょう。猫が必要とする栄養素の観点から見ていきます。
まず第一にタンパク質です。体を作る大事な栄養素ですが、タンパク質を構成するアミノ酸を猫は体内で作ることが出来ません。ですから毎日の食事できちんと摂取しなくてはなりません。肉はタンパク質を取るために欠かせない食材ですが、日本のペットフードに関する規制はまだまだ緩やかなため、格安のペットフードの中には粗悪な肉が使われている場合があります。獣医が危険視するこういう肉を4Dミートと言います。原材料の所に家禽ミート、ミールミートと書かれているものは出来るだけ避けましょう。
次に必要な栄養素は「脂質」です。人間にとっては悪者に思われがちな脂質は、猫にとってはすぐに消化できエネルギーに変えることができる大事な栄養素です。
そしてビタミンやミネラルは、代謝を促進したり食物を効率的にエネルギーに変換する手助けをしてくれます。これらも必要なものをバランスよく摂る必要があります。
穀類などの炭水化物ですが、猫にとっては消化吸収しにくく重要ではありません。むしろ猫にとってマイナスです。
通常のキャットフードには、たいていの場合長期保存を可能にするため添加物が含まれます。これも健康被害を引き起こす可能性がありますから無添加の物を選べばよりベターです。原材料からの品質にこだわるなら、化学薬品や農薬などを一切使わないで自然栽培、自然飼育された野菜や肉のみで作られたオーガニックキャットフードもあります。
キャットフード徹底比較リサーチ│口コミ人気おすすめランキングはこちら

,

Post navigation